変わり種もみじまんじゅう

変わり種もみじまんじゅう

今のもみじまんじゅうの中身は、こしあんや粒あんだけではないのですね。

栗が入った「栗っこもみじ」や、生地と餡に抹茶が練り込まれた「抹茶もみじ」があると知ったときには、「うんうん。わかる!」と思いました。栗や抹茶は和菓子で使われることも多いので、もみじまんじゅうに使われてもそのおいしさは確信できます。

カスタードクリーム入りやチーズクリーム入り、生地の中にチョコが入ったものや生地がチョコで包まれたもの。そういった洋風もみじまんじゅうがあると聞いたときも、さほど驚くことはありませんでした。実際に見たことはないけれど、もみじまんじゅうになってもおかしくはないと思えるラインナップです。

やまだ屋では、フルーツを使ったもみじまんじゅうも作っているようですね。和菓子に使うフルーツというと、私はバナナやイチゴをイメージしましたが、やまだ屋で使うのはレモンやみかん。どちらも広島特産なんですって(^^)レモンの酸味が爽やかな「レモンもみじ」やみかんのスッキリ感と甘味が特徴の「みかんもみじ」、とても気になります。

私が好きそうだと思ったのが、紅いもを使った「紅いももみじ」です。クリーミーな美味しさを楽しみつつ、紅いものポリフェノールを摂取できるのが嬉しいです♪

紅いもスイーツも好きだけど塩スイーツはもっと好きなので、「藻塩もみじ」はもっと気に入りそうです(^^ゞ 使われている藻塩は、何もかも手作業で作られているみたいですよ。藻塩のしょっぱさは、やまだ屋ならではのさらし餡の風味をより引き立ててくれそうです(^^)

お酒は飲めないのになぜかお酒を使ったスイーツに惹かれる私は「吟醸チョコもみじ」も気になるところです。チョコレートの中で、どのくらい吟醸酒が効いているのでしょうか。

数あるやまだ屋のもみじまんじゅうの中でも私が特に注目しているのは、黒・赤・白のもみじです。「黒もみじ」には、ミネラル豊富な竹炭パウダー使用。目では珍しいけれど、味ではそれほど特徴的なものはないかな?と思っています。「白もみじ」は、生乳を練り込んだ白餡を使用。ミルクの風味とカステラ生地の相性に間違いはないでしょう。

クライマックスは「赤もみじ」です。なんと赤の正体は、赤唐辛子パウダー!火を吹く辛さではないといいますが、どの程度なのか挑戦してみたい。

わき脱毛

ヒステリックに鳴く小鳥たち

小鳥のさえずりは美しいものです。普通は。ところが、私の家の周りの小鳥はなぜか、ヒステリックに「ギャーギャー!」と鳴くものですから、あまり美しくはありません。まったく何でそんな風に鳴くのか。

原因は大体分かっています。野良猫を威嚇するためです。私の家周辺は野良猫が住み着いており、いっつもうろうろしています。小鳥もそのエリアで巣を作り、暮らしているものですから、対立してしまっているのです。

きっと小鳥側からしたら、巣を襲われないか不安で一杯なんでしょう。猫が小鳥の視界に入ると、「ギャーギャー!」わめき散らします。

辛いのは朝5、6時です。まだ寝ぼけ眼の私がベッドでうとうとしている時間に外でヒステリックな声をわめかれてしまっては非常に気分が悪くなってしまいます。最初はそんな気にしないようにしていたんですが、連日続くとストレスになってきました。

それだけ猫と小鳥の対立が凄いのかと思いきや、実はこれ、小鳥が一方的に猫に敵意を向けているだけなんですよね。

野良猫があらわれるのは、周辺の家から食べ物を拝借するためです。ちゃんと餌が確保されているので、猫は鳥の巣の小鳥なんかに手を伸ばそうという気は全くありません。ただ、鳥の巣近くを野良猫が徘徊すると、小鳥が勝手にわめきだしているだけなんです。猫は、「何なんだよ。何もしてないじゃん」という具合に迷惑がってるだけです。

巣を守りたい気持ちは分かりますけどね、そもそも野良猫の活動エリアに巣なんか作らなければ良かったのにって私は思います。小鳥が巣を作ったころにはすでに、野良猫がそこらじゅうに住み着いていましたからね。

あの声、本当にどうにかしたいです。実際にヒスを起こした小鳥の声を聞いたことがない人には分からないでしょうが、あれ凄いですよ。敵意むき出しで叫ぶ感じは、やはり野生の生き物だと再認識させてくれるほどです。

しかし、あの小鳥ってなんて鳥なんだろう? 鳥に詳しくないからよく分かりません。街によくいる鳥といったら、「カラス」「すずめ」「カモ」「ハト」「ツバメ」位しかしりません。でもそれらのどれでもない鳥です。

鳥は糞害なんかももたらしてしまいますから、今の私にとって野良猫よりも非常に厄介な存在です。ちゃんと追い払う処置をしたほうが良いのかも知れませんね。鳥側にとっても、もっと住みやすい場所なんていくらでもあるんですから、そっちの方が良いでしょう。

変わり種もみじまんじゅう