ドラフト

ドラフト

今年もドラフトがありましたね。

なんだか毎年ドラフトの時にはこちらまでドキドキしてしまいます。

やはりドラフトって一人の人の人生がある程度決まる瞬間だと思うんですね。

どこの球団に入団するかでその後の人生も変わってくるでしょう。

私の知り合いにもプロ野球選手や元プロ野球選手はいますが、あまり活躍できていない人がほとんどです。

地元ではものすごく野球がうまいと評判の子でもプロに入ると全然だということもよくありますよね。

そういう話を聞くとプロって厳しいんだなと思うと同時にやはりものすごくレベルが高いのだなと思います。

さて、今年のドラフトですが何人か注目の選手がいますね。

まずは難波のダルビッシュこと藤浪投手。

藤浪投手は大阪桐蔭ですね。

うちの実家からも自転車で行けるくらいの距離です。

なんだか親近感がわきますよね。

ぜひ阪神に来てほしいと思っていました。

次は花巻東の大谷投手。

彼はメジャー挑戦を表明していましたね。

高校生ながら自分の将来をしっかりと見据えて決断をするというのは素晴らしいことですね。

最後に菅野投手。

彼は去年のドラフトで日ハムが指名権を獲得しましたが、結局浪人という道を選びましたね。

なんだかなぁという気がしてしまいます。

さてドラフトの結果はと言うと、藤浪投手がなんと阪神ではないですか!!

びっくりしました。

まさか阪神がくじをひけるなんて。

宝の持ち腐れにならないようにしっかりと育成して欲しいですね。

彼の一周りもふたまわりも大きくなった姿をテレビで見れる日が近いのを期待しています。

さて花巻東の大谷投手ですが、こちらは日ハムが交渉権を獲得しました。

その後の大谷投手のインタビューを見ましたが謙虚でいいですね。

高校生ながらも立派です。

さてある意味一番注目が集まったのは菅野投手ではないでしょうか。

結局巨人が単独指名でしたが、なんだか釈然としません。

皆入りたい球団があるだろうけど、それでもドラフトという制度にのっとってやっているんですよね。なんだかごね得というような気がしてしまって素直に応援できないですね。

やはりこのことからもドラフトのあり方については考え直さなければいけないでしょう。

お手伝い

最近息子が以前にもまして可愛く思えます。

息子は1歳を過ぎ、できることが増えてきました。

まだ話すことはできませんが、意思の疎通は前よりもスムーズにできるようになっています。

自我も芽生え、したいことしたくないことがはっきりしてきました。

そのせいで癇癪をおこしたりすることもあるのですが、それでも何を考えているのかわかるので良いです。

息子の成長に伴って、自分もしっかりしないといけないなと思うことが最近増えてきました。

この間ちょっとつらいことがあって息子の前で泣いてしまいました。

すると近くにあったハンカチをとってきて、不器用ながらも私の顔を拭いてくれました。

なんだか本当に息子に申し訳なくなってしまいました。

でもそれと同時に息子はちゃんと成長していると実感できてとても嬉しく思いました。

その他にも、最近ではお片付けを少しですができるようになりました。

私がおもちゃを片付けていると近くに寄ってきて、一緒におもちゃ箱へ放り投げています。

まだ上手には片づけられませんが、いつもなおしてくれたらありがとうと言うようにしています。するととても嬉しそうな顔をします。

すべて片付け終わると、しまってあるおもちゃをひとつ取り出してまた箱に入れます。

褒められるのが嬉しいのでしょう。

最近ではお片付けをすると自分で拍手するようになりました。

そして私の方をちらっと見て、拍手して欲しそうな顔をします。

なんだか子供らしくてとても可愛いです。

そしてついこの間から机を拭くということをしだしました。

布巾で机を拭いていると、息子がその布巾をとって自分でしだします。

とても嬉しそうにするので見ているこっちも嬉しくなります。

でも机以外にも床やテレビなども拭きたがるのでなかなか自由にはさせらませんが。

でもなるべく息子がしてくれると「ありがとう、ママのお手伝いをしてくれて嬉しいよ、優しいね」などという言葉をかけて少し大げさに頭をなでてあげたり抱きしめたりします。

息子もそれが嬉しくてまた手伝ってくれるという循環なのでこれからもたくさん褒めてあげたいと思います。

ドラフト