美味しいお米

美味しいお米

お米って美味しいですよね。私は断然パンよりお米派です。究極におなかが減っているときは炊き立てのご飯に、味噌汁や納豆、生卵、つけ物。それらがあるだけで最高に幸せです。私だったら最後の晩餐もそんなシンプルな食事を間違いなく選びます。

ただし、そんな美味しいご飯にも、恐ろしい陰が潜んでいるのです。

近年、白米を多く食べる人ほど、2型糖尿病の発症リスクが高まる可能性があるとの研究結果が導き出されています。事実、白米を主食とするアジア諸国では、2型糖尿病患者が急増していることが問題となっています。

この“2型”というのは、主に生活習慣の乱れによって、インスリン分泌量低下といった症状を引き起こしてしまう糖尿病です。乱れた生活をおくりがちな現代人にはつきものの病といえ、糖尿病患者のうち、2型が最も多いとされているくらいです。

ある研究では、日本の2型糖尿病患者を調べたところ、毎日3~4杯の白米を食べている人は、そのリスクを50%以上も高めてしまうことが導き出されています。それとは逆に、白米を食べる習慣が少ないアメリカやオーストラリアで1週間に1、3杯しか食べない人を調べたところ、リスク上昇は10%程度だったということです。

白米が糖尿病と関係しているとされる要因は、豊富に含まれる糖分です。甘いジュースやお菓子といった、明らかに過剰糖分と分かる食品では無いので見逃しがちですが、白米の含んでいる糖分量も侮れないのです。

しかし、白米を避ければ糖尿病を防げるとは限りません。白米のように何か特定の食品を避けるのではなく、食生活を総合的に改善することが糖尿病予防に対して肝要です。

食パンなんかは、バターやマーガリン、糖分が多いので、パン型よりも白米型の方が健康的だと思っていました。実際はそうでもないのかも知れませんね。

私は、白米を毎日3、4杯は余裕で食べています。そう考えると糖尿病のリスクは高いといえるのでしょう。ちょっと怖くなってしまいました。これからは少し量を減らそう…… と、思いたいのですが、なかなか難しそうです。

でもためしに週2、3日は、パンの食事を心がけてみようかなと思います(いつまで続くか分かりませんが)。食パンは甘くてあまり好きでは無いので、そうですね、フランスパンを食べるようにしてみようと思います。安いですし、食パンよりもカロリーは低いですからね。

スイフトスポーツ購入

パソコン作業しながらの食事

1リットル入りの紙パックジュースってあるじゃないですか。あれって、口をあけてはじめてコップに注ぐ時、思いのほか口ギリギリまで入っているせいで的を外してコップの外にこぼしてしまうことってありませんか? 私はよくあります。

つい先ほども、オレンジジュースをコップに注ごうとしたら、的を外してノートパソコンにどばっとかけてしまいました。今ようやく、ノートパソコンの掃除を終えてキーボードを叩いている最中であります。うん、今のところ動作に問題は無いようです。オレンジのさわやかな香りがプンプンしてますけどね(笑)

しかし、こぼしたのが牛乳やコーヒー牛乳じゃ無かったのが幸いです。あれ、こぼすと臭いんですよね。

小学生、中学生の頃、やんちゃだった私は給食も騒ぎながら食べていたので、よく紙パック入りの牛乳を机にこぼしてしまったものです。それを何度か繰り返してしまったせいか、机が異様に臭くなってしまったんですよ(笑) あと、牛乳を拭いた雑巾もまた、臭いんですよね。

ノートパソコンなんかにそんなものをこぼして内部に侵入してしまったら、熱のせいで余計に臭くなってしまうでしょうね。というかその前に壊れてしまうかな。

パソコンの前で食事をしてしまうのも考えものかもしれませんね。私はいつも、ノートパソコンで作業する合間に食事を済ませてしまいます。平日の昼なんかは、出前でラーメン屋さんやそば屋さんに出前を取り、パソコン前で食べてしまうのですが、ずずーっと麺をすするたびに汁が画面やキーボードの飛び火してしまっています。

食後は毎回クリーナーで拭き取ってはいますが、たまに吹き残してしまったりして固着し、あの日のお汁がいまでも隅っこに残っています(笑)

私がパソコンの前で食事をしている姿を友人や同僚が見るといるも、「やめたほうがいいよ」と忠告してきます。確かに汁物をもろにこぼしてしまったら一巻の終わりですから。

それは分かっているんですけどね、いちいち作業を中断して食事するのは面倒なのです。仕事の場合、作業を中断して一度食事休憩をしっかり取ってしまうと、作業再開するのが億劫に感じてしょうがなくなってしまうんですよ。「まだいいか。後10分だけ休憩しよう」という具合にです。

美味しいお米