定番パンチ・濃厚ダブル・辛口レッド

定番パンチ・濃厚ダブル・辛口レッド

お菓子や飲みもの持参で仲の良い友達同士が集まるとき、必ず誰か一人はポテトチップスを買ってくるんですよね。だから私はあえて買わない(笑)たとえ何袋集まろうと、気づけば全部開封されて空になっているのだから、ポテトチップスって不思議です。そしてちょっと恐ろしい(笑)

私の周りには、うすしお味やコンソメ味のファンが多いみたいです。特にカルビーのコンソメ味が好きだという人がいたので、どのコンソメ味が好きなのか聞いてみました。「えっ?だから、コンソメ味…」との答え。

どうやら、ポテトチップスのコンソメパンチしか知らない様子。同じカルビーでもいろんなコンソメ味があることを教えたら驚いていました。

定番のコンソメパンチは「お肉のうまみと野菜の甘みがギュッ!」がキャッチフレーズ。お肉と野菜をよく煮込んでよく寝かせることで、それらの旨みや甘みを引き出すのだといいます。

昔から変わらないように思えるコンソメパンチだけど、実は改良もされているんですよね。最近のコンソメパンチには「発酵トマトエキスパウダー」が使われていて、コクがありつつスッキリした味わいに仕上げられているんですよ。しょっちゅうコンソメパンチを食べている人なら、微妙な味の違いにもすぐ気がつくかもしれませんね(^^)

さらに『コンソメWパンチ』もあります。こちらも作り方はコンソメパンチと同じで、コンソメ風味が2倍になっているんです。濃い味が好きな方には、ダブルの方が気に入るかもしれません♪

辛党の方には『コンソメWパンチRED』がオススメ。コンソメWパンチREDはコンソメ風味が2倍になっている上に、ピリ辛スパイスが効かれているんですよ。濃厚で刺激的な辛さ、一度味わうとやめられなくなるかも…。

ギザギザタイプのポテトチップスでは、また一味違ったコンソメ味を楽しめます。ギザギザタイプは「手間ひまかけたスープのうまみ!」がキャッチフレーズの「コク深いチキンコンソメ」手間隙かけて作ったスープがカルビー独自の「低温ドライ製法」によってパウダー状にされ、このポテトチップスで味わえるようになっています(^^)厚切りカットで噛みごたえがある分、リッチ感も高まります♪

コンソメ味はあまり食べない私の方が、コンソメ味FANより詳しいのはどうしてだろう(^^;

洗顔石鹸

排ガスの問題はやはり深刻

自転車通勤をはじめてからというもの、たくさんのことに気が付かされています。歩道に植えられた木や花が美しく感じたり、車で通り過ぎていては気が付かないような一瞬の素敵な景色なんかが目にとまりやすくなりました。

しかし、気が付くのは良いところばかりではありません。悪いところもあります。煙草の吸殻やペットボトル、コンビニで買ったもののゴミを袋に詰めて投げ捨てられている。非常に残念な光景も目にとまってしまいます。

中でも私が、最も大きく気が付かされたことといえば、車の排ガスの匂いです。渋滞する国道脇を自転車で移動していると、排ガスの匂いが鼻を付き、目眩がするほどの

気持ち悪さに襲われてしまいます。

この排ガスは車で通勤している時も若干感じ取ってはいましたが、窓を閉めてしまえば排ガスは入り込んできません。自転車や歩行者の場合は防ぎようがありませんから、排ガスをもろに吸い込み続けてしまいます。

先日、明らかに排ガスが体に毒だと感じたことがありました。その日はちょっと遅刻しそうだったので、いつも使っている道ではなく、近道である車の通りが多い国道脇を自転車で通りました。そのせいで排ガスを吸いすぎてしまい、職場に付いても午前中は気持ち悪くてデスクにうなだれていました。

そうそう、私は趣味でバイクに乗ることもあるのですが、そんな時も排ガスに悩まされていました。バイクで走った後、ファミレスなんかに入っておしぼりで顔を拭くと、付着していた排ガスの粒でおしぼりが黒くなってしまいます。

あと、トラックの後ろをバイクで走っていると、私はすぐに気持ち悪くなってしまいます。トンネルのような場所で渋滞していたらもう、気を失ってしまうんじゃないか

というくらい、排ガスの脅威に襲われてしまうのです。

バイクだとよく、すり抜けをするのが問題視されていますが、中には私のように排ガスから逃れるためにすり抜けし、交差点の前まで脱出しているという人も少なくないと思います。

バイクではこのような感じで排ガスの脅威を感じ取っていましたが、まさか自転車でも同じく悩まされてしまうとは思いませんでした。

歩行者はもっと辛い思いをしていることでしょう。特にかわいそうなのは通学中の小学生たちです。毎日排ガスの中登校するというのは、健康に害があらわれないか本当に心配です。

排ガスの問題。もっと重大事として捉えなけらばと考えさせられます。

定番パンチ・濃厚ダブル・辛口レッド